一攫千金では無く着実に稼げるネットビジネスを模索していく実践報告ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リードメール」という言葉を目にする機会は多いけど実はどういったものなのか知らないという方の為に、リードメールについてご説明させて頂きます。


リードメールとは、リードメール業者の配信する広告入りメールを受け取り規定のアクションを行えば報酬が貰えるというサービスの事です。(別名ペイドメール)

規定のアクションは各リードメール業者によって様々で、メールを受け取るだけだったり、受け取ったメールに記載された指定のURLにアクセスする事だったりします。

また報酬額も業者や広告主によって様々ですが、1通のメール受信や1回の指定URLのクリックで、0.1円?1円程度の報酬というのが主流でしょうか。(2006/4/26現在)



この報酬金はどこから出ているのかというと、リードメール業者に依頼する広告主から出ています。

例えば10万円で依頼した広告主がいたとします。
そして依頼を受けたリードメール業者が5万円を依頼料として受け取り、残りの5万円をリードメールサービスの参加者への報酬に当てるとします。
参加者はこの広告主の宣伝やサイトURLが記載されたメールを受け取る訳です。
そして先述の規定のアクション・報酬額が「指定URLのクリックで1円」だった場合、クリックして広告主のサイトを訪問すれば報酬に当てた5万円の中から1円が貰えるという仕組みです。
ぶっちゃけた話、大抵の参加者はその1円の報酬が目当てでURLをクリックする訳ですが、この例の場合で言うと、広告主は5万人を自サイトへ誘導出来るので、そのサイトで2万円の商品紹介を行っているとしたら、5万人の内5人が商品に興味を持ち購入してくれれば広告費の元は取れ、6人以上なら黒字となる訳です。

当然広告主は参加者の多いリードメール業者に依頼したいと考えます。
リードメール参加への勧誘文句で「配信されてくるメールの数が多い」というのは、この広告主の依頼が多いという事なんですね。



次はリードメールサービスに参加するのに、お金がかかるのかどうかについてですが、リードメール業者によって無料の所と有料の所があります。

当ブログでは、やまだが実際に参加してみての感想や収入報告等も行っていく予定ですが、無料で参加出来るリードメールしかやりません。
つまり当ブログ内で紹介するリードメールは全て無料で参加出来るものだとお考え下さい。

まぁ将来的に有料のリードメールにも「どんな感じなんだろう?」と興味を持つ可能性が皆無とは言いませんけど・・・・
その時はこの記事ごと修正して、その旨もきちんとお伝えしますので。



いま何位かな??

続いては、どのくらいの報酬が得られるのかについてお話します。

これはリードメール業者によって様々で、また参加者自身のヤル気によっても大きく差が出てきます。
「1クリック1円」の場合、100通のメールを受信して100回クリックすれば100円、1000通で1,000円となります。
地味な作業をコツコツやるのが苦にならないという方は、毎月数百円をコンスタントに稼ぐ事も可能でしょう。

全然稼げないと思いましたか?

その通りです。
メール受信だけでは大した稼ぎにはなり得ません。

そこで注目して欲しいのが「紹介者(ダウン)」システムです。

これは今やまだが行っている様にリードメールを宣伝して参加登録して貰うと、その紹介者(ダウン)の報酬の何%かが紹介した人に還元されるというシステムです。

自分が紹介した人は1段階(1ティア)、その人が更に紹介した人は2段階(2ティア)となります。
何段階まで設けているか、その還元率はどのくらいかは各リードメール業者によって違います。

ネズミ講の様にも見えますが、無限連鎖法には抵触していません。
というのも、このシステムでの報酬は広告主から出ているからです。

先程、報酬金はどこから出ているのかの説明で、「5万円をクリックした5万人に1円づつ支払う」と言いましたが、これはあくまで基本的な流れを説明する為に挙げた例であり、厳密に言うとこの限りではありません。

1段階・20%の設定を儲けているリードメール業者の場合、この例で言うと、クリックした人には1円が支払われ、そのクリックした人をリードメールサービスに紹介した人にも0.2円が支払われる事になり、そのお金はどちらも5万円の中から捻出されます。
この内訳は業者によって違いますが、共通しているのは報酬は広告主から出ているという点です。

つまり広告主視点で言うと、「うちのサイトを見てくれたら1円あげますよ。見てくれる人を紹介してくれても0.2円あげますよ」という事ですね。


さて、この「紹介者(ダウン)」システムによって得られる報酬がどの様に変わってくるのかです。

例えば1クリック1円のリードメールサービスで一月300回クリックしたとすると、一月の儲けは300円となります。

そしてその基本作業とは別に、ブログ等の媒体を使い「リードメールを始めてみませんか?こちらから登録出来ますよ」と宣伝したとします。
1段階・20%の例で言うと、その自分の紹介ページから登録した人も同じ様に月300円稼いだ場合、紹介した本人にも基本の300円とは別に60円が支払われる訳です。
自分の紹介ページから10人が登録して同じ様に稼いだ場合、600円に、100人の場合6,000円になります。

なおこのシステムは、紹介してくれた人の分が差し引かれるという訳では無く、負担するのは広告主ですので、子会員→孫会員→ひ孫会員となるほど損をするという事にはなりません。
ひ孫会員→孫会員→子会員となるほど得をするという訳ですね。

広告主視点で言えば、下層への報酬は余計な訳ですが(その人自身が自サイトを訪問してくれた訳ではないので)、リードメールサービスの参加者が居なければ折角依頼をしても無駄になるので、参加者に新規参加者の勧誘活動もお願いしているという事です。

その際、無償では誰も動かないでしょうから、「勧誘した人にはこういうメリットがありますよ」というのが「紹介者(ダウン)」システムとなります。


このシステムによって、儲けは大きく変わります。
理論上、月数千円?数万円を稼ぐ事も可能です。
一握りの人達は実際にそのくらいの儲けを出している様ですね。
この“理論上”というのは、無限連鎖的な意味で使ったのでは無く、それだけの多くの人を登録まで導ける魅力的な誘い方が出来るなら、という意味ですので。



なお、登録する際にはフリーメールをご用意される事をお勧めします。
容量をオーバーする程の大量のメールが送られてくるという事はありませんが、普段お使いのアドレスだと、個人的な大切なメールをリードメール関係のもので見落としてしまう可能性もありますから。



以上がリードメールについての説明となります。

地味にコツコツが苦ではない方、または自分のサイト・メルマガ等をお持ちで紹介者獲得が容易な方には向いているサービスです。

当ブログからリードメールの公式サイトへ飛んで登録して頂きますと、やまだが泣いて喜びます。
やまだも紹介してくれた方の為にも頑張らねば・・・・


 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。